会社情報のトップ画像
  • 基本情報
  • 山川博史

基本情報

社 名 オフィスヤマカワ
株式会社ワイズクルー・コーポレーション
所在地 東京都港区東新橋1-3-10
設 立 1999年3月
代表取締役 山川 博史
border

エグゼクティブプロデューサー山川博史

1971年、長崎市生まれ。 27歳の時に独立し、飲食店の経営をはじめるが、無計画の独立の為、サラ金から資金調達をし資金繰りを行う中で苦しみ 開業計画や良質なサポーターの大切さに気付く、その後人材育成、チームビルディングを現場にて実践、検証を繰り返す紆余曲折を経て、 現在では、東京、大阪で10店舗の飲食店の経営のほか、年間30店舗の飲食ビジネスプロデュースを行う。 店舗開業プロジェクト、老舗料理店とのコラボレーション、美川憲一監修のレストラン「鉄板焼みかわ」などの新規事業のアライアンスプロデュース、 鉄道BAR銀座パノラマプロジェクト、古民家再生BARプロジェクト、大阪とらふぐの会プロデクト、などにプロデューサーとして参加、 独立開業インターンシップあきない虎の穴プロデュース、飲食オーナーズクラブF6の幹事長に就任し店舗ビジネス関わり 飲食ビジネスプロデューサーとして活躍。
私達は、1999年に創業し
オペレーションのプロチームを目指し大阪・東京に拠点を中心に
客単価800円のラーメン店から1万円までの業態を出店し、
運営管理、出店・撤退ノウハウや、プロモーション戦略、
チームマネジメントを体験検証してきました。
おかげ様で飲食ビジネスをフックにした
様々なコラボレーションや、プロジェクトにお声かけ頂いています。
今後の飲食ビジネスのキーワードは
プロジェクトだと思っています。
コラボレーションやプロジェクトワークのメリットは
それぞれの強みを発揮する事で
1社だけで行う仕事よりもスムーズに
クオリティーの高い結果をもたらす事が出来る事です。
今後も、素敵なパートナーと
仕事でもプライベートでも沢山のプロジェクトを実現し
喜びを分かち合う日々を過ごしていきたいと思っています。
山川博史

◆経歴

1971年 長崎県に生まれる
1994年 スポーツインストラクターを経て、居酒屋の店長業務を5年行う
1999年 ワイズクルー・コーポレーション創業
2000年 3店舗展開するが失敗、チーム創りを実践する
2002年 ワイズクルー・コーポレーション創業。
2004年 株式会社ワイズクルー・コーポレーション設立。
老舗料理屋とのコラボ業態、京都烏丸つゆしゃぶCHIRIRI(大阪新町店)オープン
2005年 香港トマトラーメン(アメリカ村店)オープン 
大阪産業創造館 飲食開業インターンシップ あきない虎の穴プロデュース
2006年 京都烏丸つゆしゃぶCHIRIRI(汐留店)、汐留バル7オープン、salon de Oオープン
2007年 銀座パノラマプロジェクト参加 尼崎店オープン 新橋バル8、梅田バルハコ オープン
太陽のフロイデンプロデュース
2008年 美川憲一監修レストラン「鉄板焼みかわ」、バー銀座パノラマ新宿、カフェ銀座パノラマ大津プロデュース『一店舗成功したオーナーはなぜ2店舗目を失敗するのか』出版。
2009年 銀座パノラマ天津、BARすがはら,カレーハウスRUUプロデュース
 『脱サラしてお店を開業したオーナーの8割はなぜ失敗するのか』出版
2010年 ステラ薫子監修レストラン「369」プロデュース
2011年 香港トマトラーメン汐留店OPEN ライセンス開始 大阪とらふぐの会プロデュース

◆主な著書

『1店舗目で成功したオーナーはなぜ2店舗目で失敗するのか』(アーク出版)
『脱サラしてお店をオープンする人の8割がなぜ失敗するのか』(アーク出版)
著書の紹介ページへ

◆メディア掲載実績

「アントレ」「日経レストラン」「日本外食新聞」
「日本経済新聞」「新しい飲食店開業」「月刊食堂」
メディア掲載実績
border